外注は副業がバレないようにするための方法となる?その真相と注意点をわかりやすく解説します。

アフィリエイト

外注の場合、副業は可能か?

自由で高収入な在宅ワークを【コールシェア】



アウトソーシングの場合、バックエンド作業を行うことは可能ですか?企業の受託者契約について簡単に説明しながら、会社の従業員と従業員に対して別々の並行活動を行うことが可能かどうかについて説明します。

まず、業務委託契約とは何ですか?



業務委託契約とは、特定の組織や企業に属さずに、成果物やサービスの対価を受け取る契約方法です。したがって、下請け業者の立場は、特定の組織や企業に所属して雇用契約を結んでいる正社員やパートタイマーとは、大きく異なることになります。



例えば、下請け型の業務委託契約の場合、納期までに成果物を納品すれば、作業方法に関する指示はありません。ただし、雇用契約を結ぶ正社員とは異なり、労災保険などの社会保険は適用されないので注意が必要です。

会社員がアウトソーシングで副業することは可能か?



雇用契約を結んでいる正社員の中にも、副業として下請け業務を行っている人がいます。会社員の副業が認められるかどうかは、会社の就業規則によって異なります。



会社の就業規則が副業を認めており、副業が本業に支障をきたさない場合は、許可されることが多いようです。ただし、そもそも副業が認められていない会社もありますので、ご注意ください。

公務員の副業は、たとえ業務委託であっても原則禁止とする。



公務員は原則として業務委託による副業が禁止されています。国家公務員法第103条は、民間との棲み分けを規定し、2種類の仕事を制限している。それは「営利企業の役員を兼ねること」と「自営業を兼ねること」である。



また、国家公務員法第104条では、役員や自営業を兼ねる以外の有給労働を制限している。このように、公務員は原則として副業が認められていない。

業務委託契約での副業は会社にバレる?



「業務委託契約で副業をすると、会社にバレないのか?」と思っている方も多いのではないでしょうか?しかし、副業で稼ぐ場合、バレる可能性は高いです。



ここでは、業務委託契約での副業が会社にバレる可能性がある理由を、2つのシチュエーションに分けて解説していきます。

住民税額の差異



業務委託の副業が企業に発覚するケースで多いのが、住民税の「特別源泉徴収」です。



特別源泉徴収とは、従業員が本業で働く会社が住民税を源泉徴収する方法です。本業のほかに副業をしていれば、当然住民税の額も増えるので、会社の経理部を通じて上司に知らされることが多いようです。



特別徴収ではなく、普通徴収を選択した場合は、納付書が自宅に送られてくるので、住民税が原因で会社にバレる心配はない。ただし、特別徴収の場合とは異なり、自分で税金を納めなければならないので注意しましょう。

関係者による報告



副業は、心配した社員が報告することで発覚することもあります。複数の同僚に副業のことを話すと、そのうちの誰かが報告し、その話が上司に伝わることもあります。また、本業と同じ業界で副業をしている場合、取引先を通じて話が漏れてしまうこともあります。このように、隠れて副業をするとバレるリスクがあると考えることが大切です。

結局、副業ができる人ってどんな人?



副業をするためには、公務員ではなく、民間の企業や団体に勤めていることが条件となります。そして、民間企業で働く人の中でも、就業規則で禁止されておらず、本業に支障がない場合に限り、副業が認められています。



また、業務委託を主な業務としているフリーランスは、クライアントとの契約がない限り、自由に副業が可能です。まとめると、次の2つのパターンがあります。



民間の企業や団体に所属しており、就業規則で副業が禁止されていない場合

フリーランスとして活動しており、クライアントと特に契約をしていない場合

近年では、就業規則を守ることを条件に、本業を持ちながら「副業フリーランス」として活動するフリーランスが増えています。

アウトソーシングパートナーとサイド・バイ・サイドで仕事をするメリット



業務委託契約は企業との雇用契約を結ばないため、ストレスのない人間関係など、多くのメリットがあります。ここでは、業務委託契約で副業をするメリットについて、3つのトピックでご紹介します。

自由度の高い働き方



働き方の自由度が高いことは、業務委託契約による副業の大きなメリットです。業務委託契約には、大きく分けて「委任・準委任契約」と「請負契約」の2種類があります。



業務委託契約の場合、労働時間や勤務地が自由であり、オンラインで完結する仕事であれば遠隔地や在宅勤務も可能です。委任契約や準委任契約の場合でも、クライアントとの交渉次第で自由に働くことができます。

仕事の選び方が簡単



もう一つ重要なのは、仕事を選びやすいということです。雇用契約を結ぶと、会社の指示のもと、与えられた仕事を与えられた条件のもとで行わなければなりません。しかし、アウトソーシング契約の副業では、ある程度自分で仕事を選ぶことができます。



そのため、自分の得意な分野に集中することができますし、割に合わない仕事、無理な仕事は引き受けないという選択も可能です。

人間関係のストレスが少ないこと



雇用契約を結ぶと、その会社の一員として働き、濃密な人間関係を経験することになる。同僚や上司とのコミュニケーションなど、人間関係でストレスを感じる方も多いのではないでしょうか。



業務委託契約の副業では、クライアントと対等な立場で仕事をするため、人間関係のストレスはほとんどありません。業務内容によっては、クライアントとほとんど話をしない案件もあります。

業務委託契約での副業によるデメリット



業務委託契約は、雇用契約と異なり、労働基準法の保護対象ではありません。また、雇用保険や労災保険などの社会保険も適用されませんので、万が一事故や怪我をした場合、必要な給付を受けることができません。



業務委託契約による副業は、本業とは異なる種類の収入となるため、自分で税金の申告・納付も必要です。ここでは、業務委託契約による副業のデメリットについて説明します。

労働基準法で保護されていない



業務委託契約による副業は、労働基準法の保護対象外ですのでご注意ください。労働基準法は、雇用関係にある労働者(正社員、パート・アルバイト、派遣社員など)に適用されます。業務委託契約による副業の場合、「実質的な労働者」として認められることは難しいでしょう。



例えば、「1万円のプロジェクトに数十時間従事した」というケースでも、時間外割増賃金は発生しない。労働時間に上限がない以上、「自己責任」が重要です。

社会保険未加入



冒頭でも少し触れましたが、社会保険に加入していないことによるデメリットもあります。業務委託契約の場合、「厚生年金」「雇用保険」「労災保険」などの社会保険は適用されません。



厚生年金は給与から天引きされないので、これをメリットと考える人も多いのですが、保険料の支払いが少なければ、当然「将来受け取れる年金額」は少なくなります。また、労災保険も適用されないので、万が一仕事中に何かあっても弁償することはできないので注意しましょう。

自ら確定申告を行い、納税する必要がある



本業以外の副業がある場合は、自分で確定申告をして税金を納める必要があります。雇用契約を結んでいる場合は、会社が源泉徴収して納税してくれます。しかし、業務委託契約をしている場合は、自分で確定申告をし、税金を納めなければなりません。



確定申告とは、所得を申告して税額を確定させることです。副業で得た収入は本業の会社とは関係ないので、自分で処理する必要があります。確定申告の手続きについては、後ほど詳しく説明します。

自由で高収入な在宅ワークを【コールシェア】


おまけ



アフィリエイトで年間20万円以上稼ぐとなると、間違いなく確定申告が必要になります。



専業主婦のお小遣い稼ぎはじめました|収入を倍増することを意図して職業を変更するのも悪くないと思いますが…。

お金を稼ぐ必要があるなら、副業がおすすめです



家計を補うために副業を考えている主婦にとって、家から出ずにできる在宅ワークはとても便利な方法です。育児や家事の合間に、自分のペースで仕事をすることができます。



お金を稼ぐ必要があるなら、副業がおすすめです。特別な免許がなくても始められる副業はいろいろあります。



副業を考えるなら、アルバイト情報誌よりもインターネットが手軽です。在宅ワークだけでなく、在宅でお金を稼ぐ方法もかなり見つかります。



正直なところ、コツがつかめるまでは、副業を始めてもあまり稼げません。期待通りの収入が得られるようになるまで、試行錯誤しながら実力をつけていくことをお勧めします。



副業を始めたい気持ちはあるけれど、何から始めたらいいの?という方は、まずクラウドソーシングサービスに登録することから始めてみてはいかがでしょうか。

定期的に続けることで、ある程度の副収入を得ることができます



仕事をやめて、ネットビジネスに挑戦する人が増えていると聞きます。その最大の理由は、スマホとネット環境さえ準備できれば、初期資金がなくてもすぐに仕事を始められるからです。



特別なスキルがなくても始められる副業はいろいろありますが、リスクを気にせず気軽に始められるものを探しているなら、アフィリエイトがおすすめです。



クラウドソーシングは、もっと自由に稼ぎたいサラリーマンや主婦の方に人気があります。



お小遣い稼ぎをしたい方には、アンケートサイトやポイントサイトへの登録がおすすめです。定期的に続けることで、ある程度の副収入を得ることができます。



副業の人気ランキングで上位にランクインしていても、必ずしも自分に合っているとは限りません。ご自身の経験を踏まえて、適切なものをセレクトしてください。

空いた時間にサクッと稼げる在宅ワークがいろいろと見つかります



会社勤めの人が副業に取り組むなら、アフィリエイトなど簡単に始められるもので、本業に悪影響を与えず、簡単に副収入を得られるものが良いでしょう。



土日祝日に働ける副業が、サラリーマンの間で人気を集めていると聞いています。自分に合った副業を熱心に行うことで、収入を増やすことができるのです。



仕事での収入が少ないので、もっと増やしたいという方は、インターネットで副業を探してみてはいかがでしょうか。空いた時間にサクッと稼げる在宅ワークがいろいろと見つかります。



インターネットで簡単にお金を稼ぐ方法はたくさんあります。一番無難なのは、クラウドソーシングサービスの会員登録をして、仕事を提供してもらうことです。



収入を倍増させるつもりで職業を変えるのも悪くはありませんが、それ以上に良いのがインターネットを使った副業です。休みの日にお金を稼ぐ方法はたくさんあります。

自由で高収入な在宅ワークを【コールシェア】

アフィリエイトとは?在宅ワークで稼ぐ副業・ネットビジネス

アフィリエイトは在宅ワークで稼ぐ副業・ネットビジネス

アフィリエイトサイトの作り方は?仕組み・始め方

アフィリエイトとは?仕組み・始め方・やり方



































タイトルとURLをコピーしました